コンテンツへスキップ

外食の控え方~麺類②~

Pocket

パスタ大好き!

おはようございます。

今日は外食の控え方のパスタに関して書こうと思います。管理人はパスタが大好きです。元々すごく好きで、イタリアンの外食をするときは、絶対に自分が作ったよりおいしいものが出てくる高級イタリアンしか行きたくありません。(高級店なんか、なかなかいけないけど!)

チェーン店やファミレス、そこそこの個人店などは、OL時代には同僚と行ったり、外出したときに上司と入ったりはしていましたが、プライベートではあまり選択肢に入れません。けっこうパスタには自信があります。

パスタは節約しようと思えばめちゃくちゃ安価に抑えることができます。逆に食材にこだわればすごく高級料理に。よく底辺生活自慢で、カップ麺やコンビニの御飯を食べることを逆自慢する人がいますが、そんな人は底辺ではありません。本当の底辺の人はカップ麺より袋ラーメンだし、袋ラーメンよりパスタです。玉子かけパスタとか、たまねぎとパスタの炒め物なら、ものすごーく原価が安いのです。絶対的にコスパが良いのです。でもまあ、そこまで切り詰めて味普段はおいしくて安価に食べられたら良いですね。

今日はひとつ、おいしくて安価なレシピを書きたいと思います。

 

作り方

(材料2人分)

ホールトマト缶・・・1缶

お好みの太さのパスタ・・・200g

オリーブ油、にんにく、塩、コショウ・・・各少々

アンチョビフィレ・・・少々

コンソメ・・・1個

白ワイン・・・大さじ3ぐらい

ナチュラルチーズ・・・手で3つかみぐらい

材料は以上です。アンチョビフィレが手に入りにくければ、キューピーのアンチョビソースならどのスーパーでも割りと売っています。これすごく便利です。まずはフライパンにオリーブ油をいれ、にんにくをちょっといためます。ホールトマト、アンチョビ、ワイン、コンソメを順次入れて煮立たせ、コンソメを溶かします。コンソメが溶けきったら味見をして、塩、コショウで整えます。同時にパスタを茹でます。管理人のお気に入りはデチェコの1.4mmです。茹で時間6分ですが、4分半がベストです。このパスタは、チーズの量次第ではフェットチーネでもおいしいです。

茹で終わったらよくお湯を切ってトマトソースの中にパスタを入れ、同時にチーズを入れ、チーズが程よくとろけるまでかきまぜます。分量は↓のような感じ。

今回はフェットチーネで作成しました。フェットチーネだとチーズをより多くいれたほうが、麺と絡んでおいしいです。原価計算は・・・ちょっとアホらしくなるのでしませんが、一人200円かからないぐらいかな。鷹のつめを入れてピリ辛にしてもGoodですよ!さて、食べたらお出かけしよ~っと!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です