コンテンツへスキップ

映画ネタバレ注意ドラゴンボール。

Pocket

おはようございます。週末の日経平均は+195円、マザーズ+0.46%でした。

 

冬休みに観に行ったのですが、そろそろ公開してからだいぶ経つので書きます。ドラゴンボール超 ブロリーという映画のネタバレを含む感想なので、これから観に行く方は読み飛ばしてください。株についてはいつも通り下の方に書いてます。

まず、管理人が大のドラゴンボール好き人間で、これまでの映画ももちろん全制覇している前提での感想です。めーーーーーーっちゃおもしろかった!Blu-ray出たら買います!レベルです。息子がまだ1歳で理解できないこと、旦那はドラゴンボール世代でなく、知ってはいるけどファンではないということから、一人で観に行きました。おばちゃんが一人で!

今回は登場人物がかなり限られて絞られています。クリリンや悟飯すら出てきません。短い尺の中でまとめるためだと思いますが、逆にブロリーというテーマに集中できて○。前半は惑星ベジータ滅亡のときの、サイヤ人各自の動き。やはりバーダックにフォーカスされます。昔のアニメスペシャルと違い、悟空の母親のギネが出てくること、鳥山明の漫画に従って、ポッドに乗る悟空が少し大きいこと。ブロリー、ベジータがなぜか同い年なことなど、色々いままでと設定が違います。設定ガチガチが大好きなファンはここで怒っているようですが、管理人は面白ければ全然ありと思うタイプですので、気にせず。不覚にも悟空が送り出される瞬間、涙がいっぱいでてきて一人でむちゃくちゃ泣いてしまいました!とくに管理人には幼い息子がいるので、感情移入が!!!後半はドラゴンボールの醍醐味 、バトルバトルバトルづくし!これ、野沢さん大変だっただろうな…と思えるような、うるあーーーーー!だあーーーー!うわああーーー!の繰り返しで、そういうのが嫌いな人は受け付けないレベルだとおもいます。そういうのが嫌いな人はドラゴンボールも嫌いだと思いますが…。見ていて爽快!バトル視点がかなり工夫されて描かれているので新鮮でした。もちろんフリーザのゲスっぷりも健在だし、極めつけはやはりゴジータ!前に映画に出たときの必殺技、ソウルパニッシャーがきちっと描写されていて嬉しかったし、今回はベジータが順をおって超サイヤ人ブルーまでかっこよく変身していってくれる描写も最高でした!でも一番心にのこったのは、ラストの悟空のセリフ、そして…!の部分です。あー、とうとう言わせたなあ。という感じです。悟空も色々と葛藤があって自分のアイデンティティというか、認めたんだなあ、大人になったんだなーと、しみじみ感じました。ブルマも後任の方ができるだけ違和感なく演じておられたので好印象でした。

ネタバレしてすみませんが、年末に、昨年の相場の究極乱高下でズタズタだった精神が、この映画のおかげでかなり助けられました。なんというか、崖っぷちでも這い上がれるパワーをもらえます。本当によかった。また上映中にリピートするかもしれません。 という、感想でした!

週末はエムティジェネックス(9820)に期待したのですが、連休前で、材料が出たのがテリロジーということもあり、微妙なプラ引けで終わってしまいました。多少肩透かし感はありましたが、久しぶりのプラス引けです。大いなる第一歩!

フィルカンパニー(3267)が超絶決算でした。18年11月期の連結経常利益は前の期比2.0倍の6.1億円に伸び、従来予想の5億円を上回って着地。19年11月期も前期比62.6%増の10億円に拡大を見込み、5期連続で過去最高益を更新する見通しとなった。8期連続増収、6期連続増益になるとのこと。

いまはノンホルですが、昨年世話になりまくった銘柄。東証一部はなくなったようですが、悪材料出尽くしとなって上がっていくのではないかと思われます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です