コンテンツへスキップ

ゆづが負けた!

Pocket

こんにちは

フィギアスケート世界選手権、日本人選手を勿論応援していましたが、やはり一番期待していたのは羽生選手。復調してどこまでのところまでいけるのか!?が楽しみで仕方なかったので、目を皿のようにして見ていました。

ショートプログラムでは四回転サルコウが不発でノーカウントに終わったのに90点台。ネイサン・チェン選手の好演技でかなりの点差がついてしまったので、これはやばいなーという感覚で見ていました。

フリーの羽生選手、やはりサルコウが微妙でしたが、その他のジャンプは素晴らしい。でも、去年までの完成度より、やはり少し落ちるのでは?と、見てて思いました。ステップでレベル3も、ちょっと痛い。

ネイサン選手が出てきたときに、今回は負けたな…と思えるような、素晴らしい自信に満ち溢れた顔をしていました。四回転ルッツ、フリップ、どれも余裕があって、トウループは絶対にミスしないだろうなと予感させました。よほどフィジカルを鍛えてきたのでしょう。バランスが良いし、ジャンプも高い!これは加点も納得がいきます。

普通なら羽生選手があのような演技をして、あんなにプーさんが投げ込まれて空気が羽生一色の中、滑りにくいものです。

それをはねのけたのは、練習量からくる自信としか思えません。金メダルで当然の結果ですね。

羽生選手の悔しがりかたはかなりのものでした。でも怪我を克服してあの滑りを見せてくれただけでもうれしいし、その向上心がまた彼を強くしていくんだろうなと思います。四回転アクセルに挑戦してくれるのもうれしいけど、身体を大事にしてほしいものです。

頑張れ!羽生結弦!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です