コンテンツへスキップ

悲しみの…

Pocket

こんばんは。

全日本フィギュアスケート選手権が終わりました。

管理人はスケート大好きで全ての選手に頑張ってほしいタイプですが…。このスケジュールって何だったんでしょうか?

グランプリシリーズで激戦を潜り抜けてきた羽生、紀平、宮原選手などが、もうやめて!大丈夫?といったような、明らかに調整がうまくいっていない形に見てとれました。例年より何故日程を早めたの?

トップスケーターたちが実力を出しきれずに終わったなあという感じ。アスリートなんだから調整できるようにしないと!ってご意見もあるかもしれないけど、明らかに無理なスケジュールってありますよね。繊細なスポーツなんだから。

宇野選手に関しては、正直な意見を述べると、それで良いの?です。一人になって自分を見つめ返して失敗を繰り返して、新しいコーチがついて復調…これだけ見たら良い結果に見えますが、結局ジャンプが元のプレロテに戻っただけじゃないか。

浅田真央さんも、そのような時期がありました。だけど彼女は自分のジャンプをぜんぶ壊す勢いで一から長い時間をかけて矯正した。スランプで学んだものがこれで良いのか?といった印象です。

髙橋大輔選手…シングル最後でした。これも見ていて色んな大人の事情があったのでは?という演技構成点。女子より劣る技術点なのに何故?っていうのは愚問で、忖度がありますよね。それを良しとするかどうかは、もう個人の受け止め方次第なのかな。管理人としては、正しいジャッジならフリーに進めたはずの若者がいたのでは?というポイントで、見ていてしんどかったです。

トップスケーターたちに休養を取ってもらい、四体陸と世界選手権で万全の形で演技ができるよう祈っています。

さて、バンクオブイノベーション(4393)。株主総会では、未来の展望は明るい、バンナムのような企業を目指しているとのことだったようですね。総会が終わってから、期待買いなのかテクニカルなのか、ゆるゆる上がってきました。海外配信遅延IRが全て一括で出たことで、悪材料は出尽くし。ここからおもしろくなってきそうな展開です。

IPOラッシュで、マザーズやジャスダックの新興銘柄に資金が一切きていません。AMAZIA(4424)ですら低迷しています。

ここでマザーズの銘柄を仕込んでおけば、年始以降に実になってきそうです。

管理人は、パワーソリューションズ(4450)と、リネットジャパン(3556)を買いました。

パワーソリューションズは時価総額が低く、ファンダメンタルズも良い、上方修正も期待できるIPO出遅れ銘柄。5000円も視野に入れても良いかとおもいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です