コンテンツへスキップ

1.QUOカードってどうやったらもらえるの?

手元にあったら嬉しいQUOカード。商品券などとちがって、お友達からお祝いでもらったりすることは少ないですよね。管理人の場合は、2パターンでGETしています。

・仕事でもらう

サラリーマンの場合、出張などでビジネスホテルに宿泊するときに、QUOカード付宿泊プランのついたビジネスホテルがあります。え、そんなの経費清算のときに引っかかるんでないの?と思うかもしれませんが、領収書には宿泊代¥10,000などと記載されるだけなので、会社にもよりますがほぼ通ります。自分で宿泊先を選べず、総務で手配されてしまう場合には難しいですが、各自で手配の場合はほぼ大丈夫です。旦那さんが出張が多い場合、聞いてみましょう!もしかしたら旦那さんはすでに実行していて、ポケットにカードが入っているかもしれませんね!

・株主優待でもらう

ブロードリーフ(3673)・・・500株以上で5000円相当のオリジナルQUOカード

日本ギア工業(6356)・・・200株で1000円のQUOカード

上記のような企業の優待でもらえます。へたな配当よりも高利回りだったりするし、これなら出張などのない主婦でももらえますね!

2.どんなところで使えるの?

QUOカードが使えるお店

上記のリンクから、使えるお店が確認できます。コンビニ、大型書店、デニーズなどが挙げられています。主婦にとって痛いのは、スーパーで使えないこと!これが大きくて、結局は旦那さんに渡して、一番ぱっと思い浮かんでしまうコンビニで使ってしまうんですよね。でも、ちょっと待ってください!それが一番良い使い方なんでしょうか?

3.換金?使う?何が一番お得なの?

たとえばですが、コンビニでカルビーポテトチップスのうすしおBIGを1袋買うと、270円ぐらいします。ほぼ定価です。でもスーパーでは178円ぐらいで買えてしまいます。どうせもらいもののQUOカードだからと思ってコンビニで消費すると、同じものを買っても約100円も違ってくる可能性があるのです。

では、一度換金してしまったらどうか?と考えるのが自然ですよね。換金レートはどれぐらいでしょうか?

お店によって違いは出ますが、たとえば500円のカードだと、450~480円ぐらいです。一見非常に損するように見えます。しかし、さきほどのポテチでたとえると・・・。コンビニで使った場合は500円のカードで2袋買えませんが、換金するとスーパーで2袋買ってお釣りがきます。使い方の一つとして、換金はお得だ!と、言い切ることはできます。換金したお金を定価の商品に使ってしまったら損することになるので、使い方の問題ですね。

でも、換金だけが正解ではありません。使えるお店の中の、

マツモトキヨシなどの薬局!薬局で生活用品を購入する方は多いと思いますし、生活用品は薬局なら元々お得に買えることがほとんど。また、書店で使うのもお勧めです。本はどの書店で購入しても決まった金額ですし、大型書店が近所にあるなら使うのもお勧めです。

結局のところ、おまけみたいなものとしてコンビニで使ってしまうのが一番損するということですね。金券の使い方を、考えなおしてみても良いですね!

1.RCIを活用しよう!

RCIって何でしょう?チャートの中でオシレーター系にあたります。オシレーターというのは振れ幅という意味で、要は、その銘柄がいま売られすぎているのか、買われすぎているのか?ということをわかりやすく表示してくれるものです。移動平均線や簿りんジャーバンドだけで売り・買いを判断するのでなく、このRCIを活用することによって、株取引において、負けにくい投資に劇的に変わります。数値の出し方は各証券会社のアプリによって違うので、表示できるかどうか調べてみましょう。

2.実際にRCIを使ってみる!

これは直近の日経平均です。RCIが-50を切る、もしくは著しく↓方向になってから少し折り返したあたりにオレンジの○を付けています。ここで日経平均連動のETFを買い、黄色の○で売りました。黄色の○は、RCIが50を超えたところを目安にしています。ETFなので大きな利益は取れていませんが、この手法では負けていません。ボリンジャーバンドや、移動平均線と併用すると非常に勝率が上がります。

この手法は日足を利用した短期トレードだけではなく、分足を使ったデイトレにも活用できます。注意点としてはこのように上昇トレンドの押し目を狙うことです。

3.失敗も?

もちろん日経平均だけでなく、個別銘柄でも活用できます。でも、その場合は出来高があって、ある程度売られたら買われそうな銘柄を選びましょう。失敗例を挙げてみますす。

これはある銘柄の日足です。RCIが-50、ボリンジャーバンドも底だ!買おう!と思ったら、どんどん株価が下がっていって、買値からかけ離れてロスカットする羽目になりました。出来高に注目すると、一日の出来高が数千ぐらいしかない日が続いていたのです。要は、地合いも悪かったのですが、注目されなさ過ぎて買い手がまったくいない状態でした。その後下落は落ち着いたものの、RCIが底にきたときに買ってロスカットしたものを持ち続けたとしても、まったく報われてはいません。

4.負けないためにはどうしたら?

ひとつは、前述したように出来高があって注目度が高い銘柄を選ぶことです。慣れるまでは日経平均連動型の、日経レバレッジで取引することをお勧めします。上昇トレンドのときはレバレッジ、下降トレンドを描き出したら、日経ダブルインバースが逆に上昇しだすので、乗り換えができるからです。上手な人はレバレッジを売ったら即座に印バースを買うといった形で、2重に利益を取る手法でどんどん利益を取っています。

二点目は、チャンス!と思ったときに全力投球せず、予算の1/3ずつ買いましょう。底値で拾えたら、上昇が始まれば買い上がりができますし、下がればナンピンできます。

三点目は、ロスカットラインをきっちり決めることです。買値から○%で機械的に切る!と自分ルールを作っておいて、確実に切りましょう。これができるかどうかで、年間の収支が変わります。

この手法ですが、仕手株などには向かないので、慣れてきて個別株で使う時には、東証一部の大型株で、業績が良いものを選びましょう。また決算や配当落ちには注意が必要ですね。管理人はひたすらETFでがんばります!

おはようございます。

もう4月ですね!企業は新年度。

投資家にとっても新年度。昨年度は株で大敗しました。その分析と対策も、今後記事にしていきたいと思います。

分散投資ってやっぱり大切。株で負け続けると、投資もやる気も失せて退場寸前ってことになります。そこで考えたことは他への投資。候補としては以下のようなものがあがります。

①国債・・・10,000円から投資できて比較的安心ですが、利率は0.05%。このブログを読んで、投資やるぞ!と思っている方はこの利率では物足りないと思います。安心なんですけどね。

②定期預金・・・こちらも元本割れの心配が薄いですが、利率は皆さんご存知の通り・・・。悲しいことになっています。

③インデックス型投資信託・・・こちらは管理人もおこなっています。

セゾン投信をやりましょう

 

詳細は上記を参照ください。管理人家では現在、息子の児童手当を毎月引き落とし形式でジュニアNISAにしています。これ、かなり手堅い投資です。ジュニアNISAにしておけば子供が大きくなるまで、解約しない限り口座から出すことが出来ません。投資で負けて子供のお金にまで手をつけるといったことを防止して、子供のためにお金を残しておけます。インデックス型なので、ゆっくり時間をかけてすこしずつ増やして生きたい方には向いています。セゾン投信の年間利率は数年平均で0.7%ぐらいです。将来の大学資金にちょうど良いですね。(文系であれば・・・)

④ソーシャルレンディング

こちらは株でガンガン利益を出している方にはやはり少し物足りなく感じるかもしれません。でも、株でガンガンうまくいっているうちは良いですが、そうでない場合は?

昨年度、日経平均のものすごいボラでたくさんの投資家が退場寸前まで追い込まれました。そこそこ上手な専業投資家が何億もやられたり、某仕手株においては、本尊が破産した!などの情報までありました。それほど厳しい状況でした。そんなとき、退場しないためになにが必要かというと、分散投資です。

クラウドファウンディングとは、何かをやりたいけれど銀行などから融資を受けられないといった企業や個人が、このシステムでお金を募って、事業を成功させてからお金を貸してくれた人に利益を乗せて返却するといったシステムです。

もちろん事業が成功しなければ貸し倒れのリスクはありますので管理人もいろいろと調べてみました。おおよそ数%未満程度です。

とりあえずソーシャルレンディングを初めて見よう!という方は、クラウドクレジットがお勧めです。

これはクラウドクレジットの運用成績です。貸し倒れも発生していますが、全体でいくとかなり低い数値になっており、販売中の商品の利回りは6.0%~13.0%と、高めになっています。

ここの特徴は、本当にお金を必要にしている海外の人や事業者を対象とした
ローンを取り扱っているというポイントです。ようは、日本株が調子が悪いときに、海外商品への分散が自然とできるというところがポイントです。

損をしないコツは分散投資です。貸し倒れが0%でない以上、ひとつの商品に資金の全部を入れるのは止めましょう。

株と違って即効性はありません。ある程度の期間は必要です。でも、これで株だけで退場してしまうといったリスクは回避できます!

↓↓↓まずは10,000円から始めましょう!